狭窄歯列

3Dクリンチェックによるシュミレーション

画像は前から4番目の歯を抜歯し前歯を後方移動し臼歯部の側方への拡大を同時に行う例です。
半年~1年程度で抜歯したスペースは閉鎖します。
最終的には歯並びも改善し正中を合わせます。治療期間は概ね2~3年程度の期間を要します。

狭窄歯列の症例1

狭窄歯列の症例2

狭窄歯列の症例3

  • インビザラインi7 25~30万円(税込)
  • インビザラインライト40~60万円(税込)
  • インビザライン   70~90万円(税込)
  • ※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は1~3年、治療回数は10~20回程度です。
  • ※治療終了後は後戻り防止のため保定を2年間程度行う必要があります。