上下顎前突(上下の前歯が出ている)

上下顎前突は上顎、下顎両方とも前方に張り出してしまっている状態のことで多くは口唇の突出感を気にされてくる患者さんが多いようです。
治療は上下の左右4番目の歯を抜歯することにより前歯を後退させるパターンが多く、2~3年程度の治療期間を要します。

大体6~12か月で前歯の後退を実感できるようになります。最終的には見た目だけではなく発音もよくなるケースが多いです。

3Dクリンチェックによるシュミレーション

上下顎前突の症例1

上下顎前突の症例2

上下顎前突の症例3

<div class="priceatte">
<ul>
<li>インビザラインi7 25~30万円(税込)</li>
<li>インビザラインライト40~60万円(税込)</li>
<li>インビザライン   70~90万円(税込)</li>
<li>※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。</li>
<li>※平均的な治療期間は1~3年、治療回数は10~20回程度です。</li>
<li>※治療終了後は後戻り防止のため保定を2年間程度行う必要があります。</li>
</ul>
</div>