空隙歯列(すきっ歯)

3Dクリンチェックによるシュミレーション

こちらの画像は最初から多くのスペースがありますので前歯と奥歯を寄せ合うことにより隙間を閉鎖します。空隙歯列は前歯が出ている場合も多いのでスペースが閉鎖すれば前歯の突出感も改善します。

空隙歯列(すきっ歯)の症例1

空隙歯列(すきっ歯)の症例2

空隙歯列(すきっ歯)の症例3

  • インビザラインi7 25~30万円(税込)
  • インビザラインライト40~60万円(税込)
  • インビザライン   70~90万円(税込)
  • ※矯正治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は1~3年、治療回数は10~20回程度です。
  • ※治療終了後は後戻り防止のため保定を2年間程度行う必要があります。